テレフォンセックスも前戯が大事!

テレセ(テレフォンセックス)をする場合に注意したいこと

おしゃべりをはじめた途端に性的な話題にいきなり入ることはやめておきましょう。相手が欲求不満で淫乱タイプの女性ならば上手くいくかもしれません。ですが極めてレアケース。女性が全く気分がその気ではないのに、性的な話をしても無駄です。淫靡な世界には踏み込めません。

実際にセックスをするときをイメージしよう!

気持ちの良いセックスをしようとしたら、いきなり性行為をしません。キスをしたりハグをしたりして前戯にタップリと時間をかけるのが普通です。前戯なしでいきなりインサートされても痛いだけです。大部分の女性はセクシーな気持ちにはなりません。ムードが大事なのです。それが気持ち良いSEXの前提条件です。

テレフォンセックスも前戯が大事!

テレフォンセックスの前戯はエッチな話題ではありません。普通の話なのです。唐突のエロ話になっても男性が盛り上がるだけ!女性は置いてけぼりにされてシラケています。相互に気持ちを盛り上げましょう。まずはウォーミングアップのトークです。そして、少しずつエッチな話に進みましょう。相手の女性が興奮してきたと思ったら、一挙にテレフォンセックスのメインにはいりましょう。前戯的なトークがしっかりできていれば最高のテレフォンセックスができます。

リアルセックスではできることに限界がある!

テレセ(テレフォンセックス)にのめり込んでいる私!
普通のときのテレフォンセックスは私は女性に命令する立場にあります。例えば次のような命令を出すのが好きで、命令することで勃起します。
「服を脱いで一糸まとわぬ姿になり、バルコニーにでなさい」
「今から麻縄で縛るから、メスの吐息を出しなさい」
加虐性愛者みたいな命令をするのが私の性癖です。

それだけでは飽きるので、S性もあるのですが実はM性も持っている!

テレフォンセックスをする女性の中にも女王様キャラがいます。彼女とテレフォンセックスする場合は、命令してもらうこともあるのです。
「私の奴隷にしてあげるからパンツを脱ぎなさい」
「私の厳しい拷問にあなたは耐えることができるの?」
こんな挑発的なフレーズに、これまた興奮しちゃいます。リアルセックスでは味わえないほどの超絶はSMセックスを楽しむのです。

リアルセックスではできることに限界がある!

SMクラブの風俗やリアルセックスでは、物足りません。テレフォンセックスをする場合にSMクラブでできそうなプレイをしてもドキドキしません。そうじゃなくてテレフォンセックスでしかできない究極のSMセックスをしたいのです。風俗には行きませんし、リアルセックスを一切封印しています。そして、私の性行為の全てはテレフォンセックスなのです。

テレフォンセックスを楽しむにはどういった相手を選ぶのかが決め手になる!

男女の関係には相性という目に見えない力が存在しています。相性がよいテレフォンセックスをすると楽しいです。楽しむためにはどんな条件があるのでしょうか?

あなたが相手の女性に重視するポイントを決める!

そしてサイトにアクセスしてプロフィール欄や自己紹介欄をチェックしましょう。性癖などが一致してそうな女性を洗い出します。そして、もっともっと細かい部分まで調べます。最終的にテレフォンセックスをするパートナーを決めましょう。

実際にテレセ(テレフォンセックス)しないと相性は分からない!

プロフィールや自己紹介をチェックして相性抜群と思って現実とのギャップはあります。プレイしながらでも「こんなはずじゃなかった」と感じることもあるでしょう。これはデリヘルやソープランドの風俗と同じです。パネルやプロフィールで「これだ」と思ってもイマイチなケースは日常茶飯事です。

パートナー選びの秘訣

まずは長い時間プレイをしないことです。最初は30分程度のプレイにしておきましょう。そこで相性があうかどうかを見極めます。相性が良ければ、次も指名すればいいです。相性が悪くても短時間ならば大きな負担にもなりません。

テレフォンセックスを楽しむにはギブアンドテイク!

あなただけが楽しむのではありません。テレフォンセックスをしてくれる相手にも楽しんでもらうことが基本中の基本です。自分かってな満足を考えていると相手のことを置いてけぼりになります。すると、無理強いしてしまうことになります。それは相手の気持ちを害することにもなります。結局、楽しいテレフォンセックスにはならないのです。これはリアルのSEXでも同じです。持ちつ持たれつの関係が最高のSEXになります。

テレフォンセックスであなたがお金を払っている場合

できるだけ自分の希望するテレフォンセックスを望むでしょう。そうなると必然的に相手にあれやこれやとリクエストすることも多くなります。でも注意してください。お金を払っているから何でも要求できることではないのです。

相手は生身の人間です。不快感を感じているかどうかを意識してください。不快感があるのに無理な命令をしてもシラケるだけです。困らせるようなリクエストばかりしているとテレフォンセックスサイトの利用規約に違反することになりますよ。

テレフォンセックスの場合は相手の姿がみえません
普段のセックスとは違うのです。だからこれまで経験したことがないようなプレイもしたいのでしょう。しかし、相手が嫌がるようなプレイは慎むべきです。

▲ページトップに戻る