テレフォンセックスならばドMにもドSにもなれるよ!

テレフォンセックスならばドMにもドSにもなれるよ!

M男でもM女でも、ときどきはS男やS女の女王様キャラになってみたいと思いませんか?私の場合はそんな気持ちがあります。気分次第でどちらも楽しめるのがテレセです。

さんざん女性にエッチなことをさせる命令をします!

そんな場合は、事前に今日は「こんなプレイをやってみたい」と打ち合わせしておくのです。この打ち合わせもセクシャルな要素があるので女性も興奮気味になります。中には「こんな風に責めて欲しい!」とリクエストがくることもあります。

事前にある程度のことを伝えておけば、それが刺激になるのです

そして、多少際どいプレイでも、命令しても女性は聞いてくれたりします。事前に言っておかないと女性も心構えができないので過激プレイは聞いてくれないのです。それではシラケてしまいます。

「自分に思い切り命令をしてくれないか!」とM男になって楽しむこともある

女性によってはサディスティックな面を開拓できることもあります。むしろ夢中になってしまうkともあるのです。肉食系女子は特にその傾向がありそうです。想像以上に濃厚なテレフォンセックスになることもあって満足度も高いです。

電話エッチの基本は攻め合うことにあります。

電話エッチは一方的のプレイにならないようにしよう!

プレイをする場合に、男性だけが攻めるとか、女性だけが攻めるなど極端になる場合があります。特にどうしても経験者が未経験者をリードするシーンによく見られます。これはひとつのパターンでもあります。間違っているとは断言しずらいです。初心者の場合は、リードされて攻められるほうが満足できるでしょう。

電話エッチの基本は攻め合うことにあります

男性が攻めることもあります。男性が受け身のときもあります。攻守交代するところに電話エッチの醍醐味があるのです。その比率に関してはハーフハーフである決まりはありません。お互いに相手をいたぶることによって電話エッチは凄く盛り上がります。

電話エッチで攻め合うことの重要性とは?

それは攻める場合と受け身になる場合に声のトーンが違ってくるからです。同じ声と思っているかもしれませんが微妙にニュアンスが異なります。一方的に攻めるだけだと、同じニュアンスの声にしかなりません。これでは面白味がなくて味気のない電話エッチです。

いろいろなニュアンスの声を聞く方がセクシーになります。お互いに攻め合うように意識してみれば熱い電話エッチができると思います。

▲ページトップに戻る